リビングストーン教会礼拝説教〜天の饗宴〜

高田馬場リビングストーン教会礼拝説教

1.天の婚宴

27節は、主の再臨の時にクリスチャンたちに起こることを示しています。13:27そのとき、人の子は天使たちを遣わし、地の果てから天の果てまで、彼によって選ばれた人たちを四方から呼び集める。」 「四方から」とは、「天の果てから果てまで」と同義です。ここに使われている「集める」という動詞は、ギリシャ語の「スナゴー」(συνάγω)に「エピ」(έπι)という強意の接頭語がついた「エピスナゴー」(έπισυνάγω)という言葉で、単に集めるというよりも、御国の食卓に「招待する、招く」という意味があります。キリスト再臨後には、この地上において、小羊の婚宴が行われるからです。

黙示録19:7わたしたちは喜び、大いに喜び、/神の栄光をたたえよう。小羊の婚礼の日が来て、/花嫁は用意を整えた。19:8花嫁は、輝く清い麻の衣を着せられた。この麻の衣とは、/聖なる者たちの正しい行いである。」

それは、御使いがパトモス島の孤島に囚われている使徒ヨハネに対し「小羊の婚宴に招かれた者は幸いだ、と書きなさい。」と言ったほどに、喜びの婚宴、祝宴なのです。私達はこの世の破滅と天変地異を不安な心で待つのではなく、神が私達を天国の祝宴に招き、そこでキリストと顔を顔を合わせて出会えることを期待しながら歩むものになりましょう。そして、私達はそのような祝宴に来るようにすでに選ばれ、招かれている者である確信があるでしょうか?私達はなぜ、キリストと伴う天国の祝宴に招かれているでしょうか?その理由は私達の内にありません。相応しい理由や資格を自分自身の中に探すことはできません。それは完全な恵みであり、神の無条件的な選びです。だからこそ、私達は謙遜に神の前に、人の前に低くならなければなりません。事実、私達クリスチャンと、世の人を隔てる特別な違いは何でしょうか?それは聖なる生活でしょうか?教会に対する奉仕や献身、日々の祈りや御言葉の生活でしょうか?実際のところ、私達クリスチャンもまた罪人であるという点を考えて見るときに、また私達が神に選ばれる要素や原因は私達の内に一つもないということを確認するときに、私達信仰者と世の人々を隔てるものは、ただ神の恵みしかないということに気づきます。それゆえに、私達は自らが救われたキリスト者であることを誇ってはならないのです。むしろ謙遜に感謝し、そして未だ福音を知らない人々と同じ目線に立ち、憐れみと愛の心で世に仕えることを通して、人々が同じ救いへと導かれるよう祈る者になりましょう。

2.いちじくの木から教えを学びなさい。

イエス様は、続けて、イチジクの木の教えを通して、キリストの再臨は近づいていることを指し示しています。

13:28「いちじくの木から教えを学びなさい。枝が柔らかくなり、葉が伸びると、夏の近づいたことが分かる。13:29それと同じように、あなたがたは、これらのことが起こるのを見たら、人の子が戸口に近づいていると悟りなさい。 

イエスは、いちじくの木を弟子たちに見せて、葉が出てきたら夏の近いことがわかるでしょう、と言われました。同じように、今、私たちが読んで来たことがこの世に起こっているなら、イエスが来られるのは間近であることを悟りなさい、と言われています。ですから、イエスは、私たちが世の終わりについて聖書で知ることを、今の世で起こっているかどうか調べていきなさい、と命じられています。確かに、世の終わりは近づいています。地震や自然災害は増加し、戦争や飢饉は世界的規模で起こり、人々の心は不法により荒んでいます。確かに再臨は近づいているでしょう。しかし、それは実に二千年前からもそれは続いていました。教会の誕生と共に異端の教えは生まれ、戦争は昔から世界中で起こり、人々は昔から不法の故に苦しんでいました。その状況が続きながら、再臨も近づいています。

しかし、興味深いことに、本来ならば再臨は二千年前よりも現代のほうがはるかに差し迫った状況でありながら、『主の再臨は近い』という確信は二千年前の初代教会のほうがはるかに強かったということです。主の再臨は近いという信仰と、まだまだだという信仰の違いは何でしょうか?聖書に見られる初代教会は、そうした意味ではまさに再臨の希望に満ち溢れる教会でした。初代教会のキリスト者たちは、まさに自分たちが生きているその世代にキリストが再臨すると固く信じていました。それはテサロニケ信徒の手紙を通しても見ることができます。

そして初代教会の多くのクリスチャンが数多くの迫害にも関わらず、迫害に屈せずに信仰を全うした理由は何でしょうか?彼らが世に勝ったのは、目に見えるものに心を奪われなかったからです。キリストの再臨の希望に養われた信仰が彼らを支配していたからです。再臨によってもたらされるこの世の終わり、救いの究極的完成の時を、最も確かな出来事として信じながら、困難な時代を生き抜いたのです。初代教会は、ローマ帝国の激しい迫害にもかかわらず、勢いよく成長しました。主が再び来られることを待ち望んでいたからです。

ところが、ローマがキリスト教を国教と認めたころから、教会は弱くなっていきました。教会と国家権力が合体しました。天国は待ち望むよりも、安定して信仰が守られる環境でこの世の利益を求めるようになりました。キリストの再臨とそれに伴う万物の回復の期待よりは、この世に執着するようになったからです。そのために、教会はいのちを失いました。このことは現代に生きる私たちにとっても真理です。主がまだ来ないだろうと思うことは、キリストにあって生きる力を失います。神についての事柄よりも、自分や世の中の事柄に興味を持ち始めます。私達の信仰生活はどうでしょうか?日々それを心に留める必要があります。そのような中で、イエス様は神の言葉に目を向け続けるよう話します。

13:30はっきり言っておく。これらのことがみな起こるまでは、この時代は決して滅びない。13:31天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない。」  

私たちは、目に見えるものが滅び去ることを学びました。だから、目に見えるものに目を留めてはいけないわけですが、それでは何に目を留めればよいのでしょうか。イエスのみことばです。イエスの語られたことは、これまで100%間違いなく成就しています。ですから、主の御言葉の約束に希望を置いて歩む私達になりましょう。

3.いつかはわからないということ

イエス様は再臨の時は確かに近づいているということを語りながらも、その具体的な時期は誰にも分らないと語ります。

13:32「その日、その時は、だれも知らない。天使たちも子も知らない。父だけがご存じである。

再臨が近づいていながらも、その具体的な時期はわからないというのは大切なことです。もし、定めの時を知ることができたら、私たちはどういう行動を取るでしょうか。そのときまでに準備していればいいから、それまでの間は遊んでいよう、ということになります。しかし、いつか分からなければ、いつでも準備できていなければいけなくなります。 そこで、イエスは次のたとえをされます。

13:34それは、ちょうど、家を後に旅に出る人が、僕たちに仕事を割り当てて責任を持たせ、門番には目を覚ましているようにと、言いつけておくようなものだ。13:35だから、目を覚ましていなさい。いつ家の主人が帰って来るのか、夕方か、夜中か、鶏の鳴くころか、明け方か、あなたがたには分からないからである。 

旅に立つ人はイエスであり、僕たちは弟子たちのことです。キリストの弟子はそれぞれ任された務めを持っています。どの時間帯も設定することはできません。したがって、私たちは、どのような時にも、主に任された務めに励んでいなければならないのです。全てのクリスチャンに対して与えられる神の召し、使命は人それぞれです。しかし、全てのクリスチャンに共通する神の使命の要素を挙げるならば、それは主の再臨を備えるということです。洗礼者ヨハネは、救い主として来られるイエス・キリストの初臨を備えました。人々に悔い改めのメッセージを語り、イエスが来られた時に、イエスを救い主として心を開いて受け入れられるよう準備しました。私達の使命は裁き主、王として来られるイエス・キリストの再臨を準備するという使命です。私達はヨハネよりも完全なメッセージをもっています。旧新約聖書66巻のメッセージは、必要であり十分な内容です。私達はその神の救いの言葉をもって、人々に対して、世に対して、来るべきキリストのメッセージを伝えていくものになりましょう。そのような積極的な態度をもって主の再臨に備えることです。聖書ではそのことを『待ち望む』と言います。イエス・キリストを信じる者たちは、天から下ってこられる主をいつも待ち望み、主に仕えていくべきです。ここで大切なことは、「待つ」ことと、「待ち望む」ことは違います。

4.待つことと、待ち望むことの違い

カトリックの司祭でありながら、プロテスタントのクリスチャンにも大きな影響を与えたヘンリ・ナウエンの「待ち望むということ」という本があります。そこでナウエンはこのように語ります。 現代社会は待つ事を困難にしました。待てない理由は、恐れがあるからだ。変わり続けなければいけない、攻め続けなければいけないという強迫観念がわたしたちの時代にはあり、そのことが、待つ事への恐怖を大きくしている。自分自身も、その恐れによって「待てない」ということがしばしばあります。

何もせずにいることと「待ち望む」こととは大きく違う。『待っている人々はとても積極的に待っています。彼らは、待ち望んでいるものが、自分たちが今いるところで育ちつつあることをよく知っていました。まさにここに、待つことの秘訣があります。』 未来を自分の思い通りにコントロールしようとする「願望」は、それが叶わないことへの恐怖を生み、待つ事を難しくする。しかし、神との約束の実現を信頼する「希望」は、未来に対する開かれた態度を生み、待ち望むことに力を与える。待ち望むことは、今を生きることに繋がる。

待つのは辛い。忍耐も必要です。今日の本文にも書かれているように,主が定めた時や時期が私たちにはわからないからだ。しかし,ヘンリー・ナウウェンは言う。待つことの秘訣は、種はすでに蒔かれており、そこに何ごとかが始まっていると信じることです。ナウウェンは他の本では、

『一粒の種が芽を出せるのは,蒔かれた地面にじっとしている場合だけなのである。育っているかどうかを見ようと,しじゅう掘りかえしたのでは,けっして実はむすばない。』とも語ります。自分も豊かな土に蒔かれた一粒の種だと考えてみればよい。私たちはただ(中略)自分の成長に必要なものはすべて土に含まれていると信じていればよいのである。この成長は,自分では感じなくても始まる。(『心の奥の愛の声』 p.46)

そういった意味で、『待ち望む』ことは積極的な生き方である。ただし,具体的なもの、「これだけ」というものを求めることは、自己絶対化につながり、神の御心を無視してしまうことになる。主が準備してくださっているものに開かれた態度・生き方で待ち望んでいきましょう。何よりも、私達のような罪人を一番待っていてくださるのは神ご自身であることを忘れてはなりません。

Ⅱペテロ3:8愛する人たち、このことだけは忘れないでほしい。主のもとでは、一日は千年のようで、千年は一日のようです。3:9ある人たちは、遅いと考えているようですが、主は約束の実現を遅らせておられるのではありません。そうではなく、一人も滅びないで皆が悔い改めるようにと、あなたがたのために忍耐しておられるのです。

私達が主を待ち望む前に、主ご自身が私達を待ち望んでおられたことに感謝しましょう。フランシス・チャンというクリスチャンは〝皮肉なことに、神が私達を必要としていないにも関わらず、神は私達を求めているのに、私達は切実に神を必要としているにも関わらず、私達は多くの時間、神を求めていないのです。”と語りました。神は私達を求めておられ、待っておられます。私達もまた、そのような主の忍耐と愛に応えて、主を待ち望みつつ、主の再臨に備える者になりましょう。

関連リンク

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト